ユークロマプラスクリームは美白と肌のターンオーバーがひとつでOK!

■ユークロマプラスクリームは美白と肌のターンオーバーがひとつでOK!
元々日焼けしやすく、シミも残りやすい体質。
日焼け肌が戻りにくいのも悩みのひとつ。
それに加えて頬骨辺りに大きめのシミが!
色は薄いものの、これは肝斑?シミ!?って戸惑いました。
色黒なので白くはならないと思ってるものの、さすがにこのシミは放置できない。
シミ消し方法を調べているうちに出会ったのがユークロマプラスクリームでした。
美白と肌のターンオーバーが一本でできるクリームで、皮膚科のシミ消し治療と同じシステムなんだそう。
それで私も試してみました。
このサイトではユークロマプラスクリームの効果や口コミ、通販の仕方と、私の実際使ってみたレポを載せてあるので、是非読んでみてください。

 

 

■【レポ】ユークロマプラスでシミが消えた!

 

【レポ】ユークロマプラスでシミが消えた!

 

『悩みは頬骨に広がる薄いシミ』
元々色黒で日焼けしやすい体質なんですが、今思えば学生時代に運動部だったのもシミの原因だったのかも。
その頃は日焼け止めなんて使わずに夏も毎日紫外線浴びまくってましたから。
年を経て、多少なりとも肌に気を遣うようになっても美白とは無縁。
基本的に薄メイクで過ごしてきたので、あんまり真剣に考えてなかったんですよね。
ところが、妊娠中をきっかけに頬骨の上に広くシミが浮いてきて、出産後も消えないんです。
肝斑なのかシミなのか分からないですけど、色は濃くなくでも範囲が広かったので目立ちやすくて。
子どもが顔を触るのでほとんどメイクもしなかったし隠せない。
色白にはならなくても、このシミだけは何とかならないかなぁ?と鏡を見る度ため息の日々でした。

 

『ユークロマプラスクリームの効果は!?』
ママ友にシミを指摘されて悩みを話すと、勧められたのがユークロマプラスクリーム。
皮膚科のシミ治療と同じと聞いて安心したのと、お値段が安かったので自分のことは後回しの私でも使えるのが決め手でした。
ユークロマプラスクリームは、夜寝る前だけ塗ること・日焼け止め必須な事・保存は冷蔵庫・長期使用はしないこと。など基本的な使い方を教えてもらって使用開始!
私は自分が寝る前にシミの部分にだけユークロマプラスクリームを塗って、朝起きたらすぐ顔を洗い、スキンケアと一緒に日焼け止めも塗るのを習慣にしました。
そうでないと子どもがクリームに触っちゃいそうだったので。
ちょっと慣れるまで面倒でしたが、気づくとシミの面積が小さくなっているような?
シミの真ん中はちょっと色が濃かったけど、それも薄くなってる気が!
これは効くかも!とユークロマプラスクリームの効果を実感できるまでの期間は1ヶ月ほどでしたね。

 

『ユークロマプラスクリームで困ったこと』
ユークロマプラスクリームはシミ消しや美白には効果的ですが、個人的にちょっと困ったのが皮むけと赤み。
ピリピリするかも。って言われてましたけど、肌が丈夫なのかそれは大丈夫でした。
ただ、ユークロマプラスクリームを塗ったシミ部分の皮膚が脱皮したみたいにぺりぺり剥けてきて、剥けた回りが赤くなっていました。
メイクをしない時期だったので皮むけ目立つなー。くらいで済んでましたが、多分ファンデーションを塗ったら汚くなりそう。
個人差はあるみたいですけど、私はシミの範囲が割と広かったので、皮むけしている部分も広かったです。
ユークロマプラスに入っているトレチノインのピーリング効果なんですが、治療期間中は大事なお出かけとかには向かないなーと思います。

 

『ユークロマプラスクリームの感想』
ユークロマクリームプラスを使い始めて半年、間に一か月お休みを挟んだので実際に使ったのは5ヶ月くらい。
目立っていていた頬のシミはすっぴんでもほぼ分からないくらい、薄く薄くなりました。
よーく見るとまだシミ?って感じはしますけど、肌の色ムラって誰でも有りますもんね。
シミが消えたのは嬉しかったですが、日焼け止めを塗るのを考えると汗をかいたり紫外線の強い夏向きじゃないかもしれないです。
あと、ちょっと乾燥しやすい感じはしたので保湿はしっかりした方がいいみたいですね。
普段の乳液だけでは乾燥してシワっぽくなりました。
ユークロマプラスクリームはステロイドが入っているせいか、長期継続で使えるものじゃないですけど、休止期間を挟めば問題なかったです。
皮むけは効果のひとつなので最初から覚悟が必要だと思います。
今はもう使用を止めていますが、もうシミを作らないように予防に努めたいですね。
ちなみに私がシミ消し期間中に使ったユークロマプラスクリームは6本ほど。
開封後は冷蔵庫で1ヶ月しか持ちませんが、未開封なら買い置きが効くのでまとめ買いがお得でした。

 

『ハイドロキノン+トレチノイン 病院処方はいくら?』
私は最初からユークロマプラスクリームでシミ消ししてしまいましたが、皮膚科や美容クリニックで同じ成分のハイドロキノンとトレチノインも処方してもらえます。
そこで、ユークロマプラスクリームとの値段比較をしてみました。

 

一例ですが、医療機関でのハイドロキノンとトレチノインとの価格がこちら。
ハイドロキノン(5g)…2,000円
トレチノイン0.1%(5g)…6,000円
これに診察料がかかります。

 

一方ユークロマプラスクリームは、ハイドロキノン2%+トレチノイン0.025%(15g)…1,091円

 

皮膚科やクリニックは自由診療なので場所によって価格にも差があります。
また、ユークロマプラスクリームと比べると成分は強いんですが、内容量が少なくて値段が高いのが一般的。
成分が強くいとと皮むけや赤み、ピリピリ感が強く出るので、優しくシミ消しをしたいならユークロマプラスクリームがおすすめです。
その分治療の時間は長くかかるので、ユークロマプラスクリームはまとめ買いしておくとお得ですよ。

 

 

■ユークロマプラスクリームはハイドロキノン2%とトレチノイン0.025%配合!

 

ユークロマプラスクリームはハイドロキノン2%とトレチノイン0.025%配合!

 

ユークロマプラスクリームの漂白効果はどんな成分が効いているんでしょう?
ユークロマプラスクリームの主な成分は3つ。
「ハイドロキノン」「トレチノイン」「モメタゾンフランカルボン酸エステル」です。
『ハイドロキノン』
ハイドロキノンは、シミの原因メラニンの生成を抑えて、シミや肝斑を漂白できる美白成分。
メラニンの合成と関わりのある、チロシナーゼ発酵を阻害することでメラニンの生成を抑制できます。
また、メラノサイト自体の数を減らす効果があるので、高い美白効果があるんですね。
ハイドロキノンの美白効果は、美白に有効的なアルブチンやコウジ酸の約10~100倍!
肌の美白・漂白、シミ消しにはとても有効です
ただ、効果が高い分濃度が高すぎると白斑にも繋がります。
ユークロマプラスクリームのハイドロキノンは2%、ゆっくりですが、安全で確実にシミや肝斑に効果のある濃度です。

 

『トレチノイン』
トレチノインは、ビタミンAの一種。
肌のターンオーバーを促進して、メラニン色素を排出したり毛穴の詰まりを改善できるので、ニキビ治療などにも使われる成分です。
また、コラーゲン分泌を促したりヒアルロン酸分泌を高める効果で、みずみずしくハリのある肌導きます。
皮脂腺の働きを抑えて、皮脂分泌の抑制効果も期待できますね。
トレチノインは、ターンオーバー促進が目的なので、皮むけの元になります。
ユークロマプラスクリームのトレチノイン量は0.025%。
濃度が低いので人によって皮むけが起きやすいことも起きないこともありますが、皮剥けは異常ではないんです。
シミや白斑部分がターンオーバーで剥がれているわけですね。
個人差はありますが、トレチノインが比較的負担の少ない量に調節されているユークロマプラスクリームです。

 

『モメタゾンフランカルボン酸エステル』
モメタゾンフランカルボン酸エステルは抗炎症効果のための成分。
副腎皮質ホルモンなので、いわゆるステロイドです。
ユークロマプラスクリームクリームは、シミ取り効果で皮むけを起こすので、皮むけ跡を残さないため、炎症防止に加えられている成分ですね。
かぶれや湿疹を抑える効果が有りますが、長期間の継続使用には向かないのでユークロマプラスクリームもお休み期間を作ることが大切です。

 

ユークロマプラスクリームは、漂白とピーリング効果でシミのないつるつる肌を目指せるクリーム。
顔全体の使用ではなく、シミや肝斑にピンポイントで使うためのものですね。
効果を期待できるのは、シミ・肝斑・そばかす。
残念ながら、生まれつきのあざやほくろには効果は有りません。

 

『ユークロマプラスクリームはニキビ跡にも効果的!』
ユークロマプラスクリームは、ニキビ跡の改善にも効果的です。
ニキビ跡が残ってしまうと、薄いシミのようになってしまうことも多いです。
ハイドロキノンの漂白効果とトレチノインのピーリング効果で、残ってしまったニキビの跡を消すのにも効果を発揮!
トレチノインは元々ニキビ治療にも使われる成分なので、ニキビ跡にも効果絶大ですよ。

 

 

■ユークロマプラスクリームの使い方は?効果的な塗り方はある?

 

ユークロマプラスクリームの使い方は?効果的な塗り方はある?

 

では、ユークロマプラスクリームの具体的な使い方をまとめてみましょう。

 

・ユークロプラスマクリームの使用は寝る前の一回。
・スキンケアの最後にシミや肝斑など、患部にピンポイントで塗る。
・患部以外の皮膚につかないように綿棒などで丁寧に塗るのがコツ。
・患部からはみ出してしまったユークロマプラスクリームは放置しないで洗い流す。
・ユークロマプラスクリームは体にも使えますが、デリケートゾーンは避けること。
・初めて使う前には必ずパッチテストをしてください。

 

『ユークロマプラスクリームを塗る時の注意!』
ユークロマプラスクリームはシミ消しに効果的なクリームですが、紫外線の影響を受けやすくなる性質が有ります。
紫外線対策をしないとシミが悪化してしまうことも!
ユークロマプラスクリーム使用中は日焼け止めが欠かせません。
最低でもSPF30以上。SPF50程度の日焼け止めを数時間おきに塗り直すことが必要。
シミ治療中は、紫外線対策を徹底してくださいね。
また、ユークロマプラスクリームは酸化しやすいので、開封後は冷蔵庫で保管すること。
使い切れなくても、1ヶ月を目安に新しいものに取り換えてください。
ユークロマプラスクリームにはステロイドが入っているので、間にお休みを挟むことがほとんどです。
効果を実感できるまでには本数も必要なので、ユークロマプラスクリームはまとめ買いがおすすめですよ。

 

 

■ユークロマプラスクリームの副作用は?安全性は?

 

ユークロマプラスクリームの副作用は?安全性は?

 

安全にシミや肝斑を漂白できるユークロマプラスクリームですが、副作用はないのでしょうか?

 

ハイドロキノンもトレチノインも配合量は少なめのユークロマプラスクリームですが、効果が高い分やはり副作用がまったくないわけではないです。
代表されるものが白斑と皮むけ。
白斑は肌の色素が白く抜けてしまうことをいいますね。
ユークロマプラスクリームはハイドロキノンの配合量が低いので、白斑は起こりにくいですが、シミや肝斑以外の場所には塗らないようにしましょう。

 

皮むけは、トレチノインのピーリング起こす副作用。
肌の代謝を活性化させるので、皮膚が剥がれるのが実感できるわけです。
皮むけは高確率で起こりますし、トレチノインの特徴なので副作用ではないかもしないんですが、肌がめくれて刺激を感じやすい・化粧水などがしみやすい・肌に赤みが出る。などはあります。
皮むけ防止の方法はないんですが、乾燥しやすいので保湿をしっかりしておくといいですね。

 

重複しますが、ユークロマプラスクリームを使っている間は紫外線の影響を受けやすくなるので日焼け止めは必須です。
ユークロマプラスクリームは安全な美白クリームですが、やや刺激が強いので人によっては肌に合わないことが有るので、もし異常が有ったらムリに使わないことも大切ですよ。

 

『ユークロマプラスクリームにはステロイドが入っていること』
こちらも重ねてになりますが、ユークロマプラスクリームに配合されている「モメタゾンフランカルボン酸エステル」副腎皮質ホルモン。
一般的にステロイド剤と言われる抗炎症剤です。
ステロイドはかぶれや湿疹などの肌トラブルに劇的な効果が有りますが、長期間使用した場合、皮膚が委縮してガザガザになったり、薄くなる・赤みが出る等の副作用も有ります。
ユークロマプラスクリームは皮剥けするため、消炎剤として配合されているようですが、体制がつきやすいのもステロイドの特徴。
そのため、ユークロマプラスクリームは3ヶ月継続したら1ヶ月は休む使い方が安全だと思います。

 

 

■ユークロマプラスクリーム使用上の注意点

 

ユークロマプラスクリーム使用上の注意点

 

ユークロマプラスクリームの使い方は別項にまとめてあるので、使用上の注意点を改めて箇条書きします。

 

・SPF30~の日焼け止め必須。数時間おきに塗り直すこと。
・日中の使用は厳禁。
・3ヶ月以上の連続使用はしない。
・継続使用の場合は1か月以上肌を休ませる。
・顔全体に塗るようなムリな使い方はしないこと。
・デリケートゾーンへの使用禁止。
・初めて使う前にはパッチテスト必須。

 

 

■ユークロマプラスクリームはデリケートゾーンに使える!?

 

ユークロマプラスクリームはデリケートゾーンに使える!?

 

シミや肝斑の漂白に効果的なユークロプラスマクリーム。
顔だけではなく体に使うこともできますが、デリケートゾーンはどうなのでしょう?

 

体にできたニキビの跡や、下着の締め付け、除毛の繰り返しなどでデリケートゾーンは黒ずみができやすいですね。
ユークロマプラスクリームは漂白効果が高いですし体への使用も出来ますが、刺激が強いのでデリケートゾーンへの使用はできません。
V・I・Oや脇やバストトップなどはとても皮膚が薄いです。
ユークロマプラスクリームは刺激が強すぎて、かぶれや肌荒れ、ただれの原因になってしまう危険があります。
下着に擦れると黒ずみがひどくなることもあるため、デリケートゾーンへの使用はやめましょう。

 

『デリケートゾーンの美白は専用クリームで!』
デリケートゾーンの美白には専用の美白クリームが存在します
口コミにはバストトップへ使った。という声も在りましたが、やっぱり皮むけがひどかったみたいです。
デリケートゾーン用の美白クリームもたくさん出ていますが、代表的なものがイビサクリーム。
VIOなどのデリケートゾーンはもちろん、膝やひじの黒ずみや角質にも効果的なので、ユークロマクリームが使えない部位にはこちらもおススメです。

 

 

■ユークロマプラスクリームの口コミは?

 

ユークロマプラスクリームの口コミは?

 

ユークロマプラスクリームを実際に使用した方の口コミを集めてみました。
いい口コミも悪い口コミもありますが、購入や使用の前に参考にしてみてください。

 

『いい口コミ』
「ハイドロキノンとトレチノインを別々にしようしていました。1年半治療を続けてかなり効果があったので、トレチノインの濃度の薄い物とハイドロキノンに変更しようと思ったところ、こちらを見つけました。これなら、両方毎日続けられるので良さそうです。それと、トレチノイン乾燥<-ハイドロキノン乾燥<-保湿クリームと夜1時間以上かってましたが、これなら20分程度保湿まで出来そうなのでかなり便利です。」

 

「ずぼらなわたしには、トレチハイドロ効果を一括で担ってくれるので大変助かります。初めての使用だったのですが、治まることを知らないニキビ(色素沈着)達と、もう学生自体からの付き合いである小鼻の毛穴と黒ずみになんとなく効いてくれればいいな〜程度のゆるい感覚で夜のみの塗布です。朝には洗い流してしまいますが、日焼け止め・日傘は必須。そろそろワンクール目が終了ですが、ひぃーーっと声を上げ、つけたばかりの化粧水等を洗い流したくなる程度には皮むけ&沁みが出ました。今も出てます。
ファンデーションが普通に浮く、というか乗せてる皮がめくれてしまうので、特殊メイク剥がし途中みたいな状態ですが、これはもう仕方ないと割り切り、たっぷり保湿をしながらなんとか過ごしてます。肝心の効果ですが、何をしても太刀打ちできなかったニキビと小鼻の黒ずみ達が収束していっています。今まで触ったことない感触の肌になりました。このまま定期的にケアしていきます。」

 

「夜洗顔後に塗布する形で約一ヶ月使用しましたが、頬にあった濃く目立っていたシミが随分薄くなりました。
今後も継続使用しつつ、シミを作らない対策もしっかりしていこうと思います。
量的には、直径5mm程のシミ4ヶ所+鼻に一ヶ月間薄く塗布して、チューブ半分ぐらい使った感じです。口を大きく開けてしまうとどうしても無駄が増えてしまうので、清潔なピンなどでアルミの中蓋に小さく穴を開けて使用することをオススメします。」

 

「私の場合はそこまで濃くないシミ、そばかすを消したくて購入しました。夜のみベタベタになるくらいまでたっぷりと塗って就寝し5日後に皮が剥け始め(全体的に日焼けした感じの薄い皮が剥ける感じです)赤みも出て頬全体お酒で顔が赤くなるような赤さですね、出ます!でも6日くらいで治まりました。痒み無かったです。お肌は強くない方ですがこれ以上悪くならなかったです。結果ですがお肌はツルツルしていて触っていて気持ち良いのと毛穴が少し綺麗になりました1本使い切って日焼け止めクリームと白粉で過ごしてます+トラネキサムさんとハイチオール、ビタミンCも毎日服用はしてますので1トーンは上がったと思いますが肝心なシミ、そばかすは残念ながら薄くなってません。でも毛穴くすみは良いと実感したのでまた注文します。」

 

『悪い口コミ』
「ユークロマの4%も一緒に買いました。
こちらは2%ですが、ステロイドとトレチノインが入ってるんですね。
こちらは私には少し刺激が強く痒みがでました。
4%の方で続けていきます。」

 

「ユークロマだけなら、問題なかったのですが、こちらはステロイドが強く、数日つけると発疹ができました。
お尻の黒ずみに使ったので、硬かった皮膚が柔らかくなり黒ずみも若干とれたのですが、しばらくお休みします。安くてまとめ買いしたので、期間をあけたらまた、少し使うつもりです。」

 

『口コミまとめ』
皮剥けする人・しない人がいますが、皮剥けする場合は化粧水などがしみることが多いようですね。
短期間で効果が出ているケースと長期戦の人、シミや肝斑の濃さによって効果はバラバラでしょう。
肌に合わない場合はおススメできないですが、使用方法さえ間違わなければ気長な治療が効果的だと思うので、即効性を求めずに続けるのも大切だと思います。

 

 

■ユークロマプラスクリームは楽天・Amazonで購入できる?

 

ユークロマプラスクリームは楽天・Amazonで購入できる?

 

ユークロマプラスクリームの購入はどうしたらいいんでしょう?
通販で買うことができるのか、国内大手の通販サイトを調べてみました。

 

『Amazon』
ユークロマプラスクリームの取り扱いなし。
『楽天市場』
ユークロマプラスクリームの取り扱いなし。

 

通販会社大手2社での取り扱いを調べてみたところ、Amazon・楽天ともにユークロマプラスクリームの販売はしていませんでした。

 

個人売買のサイトでは、ユークロプラスマクリームはたまに売られていますね。
最近はこういった転売サイトも多いですが、偽物や使用期限が迫っているもの、開封済みのものが送られてくるトラブルの可能性も多いです。
品質の安全性が確実ではないので、転売サイトから買うのは避けるのがいいですよ。

 

 

■ユークロマプラスクリームは店舗では市販なし!

 

ユークロマプラスクリームは店舗では市販なし!

 

身近なところで、薬局やドラッグストアなどの店舗も調べてみましたが、薬局にもドラッグストアにもユークロプラスマクリームは置いていません。
ユークロマクリームは海外流通の美白クリームなので、国内での店舗販売はされていませんね

 

■ユークロマプラスクリーム通販は個人輸入代行サイトがおすすめ

 

ユークロマプラスクリーム通販は個人輸入代行サイトがおすすめ

 

ユークロマプラスクリームはハイドロキノンとトレチノインなので、日本で購入するには、皮膚科や美容クリニックで同じ成分のハイドロキノンとトレチノインを処方してもらうことがほとんど。
ただ、上で価格比較もしていますが、処方料が高額なことや診察代も通院の手間もかかりますね
ユークロマプラスクリーム自体の国内販売はされていないので購入は、個人輸入限定になります。
個人輸入は言葉の壁や手続きが面倒な欠点も有りますが、個人輸入代行サイトを利用すれば国内通販と同じ感覚で買うことができます。
しかし、便利な個人輸入代行サイトにも注意はあって、中には詐欺サイトや偽サイトも混じっていることも少なくないので、サイト選びには十分気をつけましょう。

 

 

■ユークロマプラスクリーム通販にはオオサカ堂

 

ユークロマプラスクリーム通販にはオオサカ堂

 

私はユークロプラスマクリームをオオサカ堂で購入しています。
オオサカ堂のおススメポイントはこちら。

 

・メーカー正規保障で安心
・全国送料無料でお得
・最短3日でお届けスピーディー
・安心梱包で中身がバレない

 

オオサカ堂は創業20年以上の実績を誇る老舗の個人輸入代行サイト。
全商品にメーカー正規保証がついているので、安心して通販できます。
梱包も丁寧で商品の記載がないので、宅配業者や家族に中身を知られる心配もなし。
また、海外からの発送ですが、最短3日のスピーディーな配送と全国送料無料という点もポイントが高いです。
ユークロマプラスクリームはシンガポールからの発送で、お届けまでは5~10日程度。
ただし、発送してから手元に届くまでの目安なので、日数には余裕をもって注文してくださいね。

 

『ユークロプラスマクリームの価格』
ユークロマプラスクリームは輸入商品ですので、レートによって価格が変動します。
現在の価格は以下の通り。
1本:1,091円・2本:1,725円・3本:2,360円・12本:5,488円。
12本購入なら1本457円とかなりお買い得です。
ユークロマプラスクリームは、保存期間が短くて1本1ヶ月の使用が目安。
3ヵ月以上の継続使用は推奨しませんが、1ヶ月開けての再開は問題ないですし、気長に続けることがシミ消しには効果的なので、まとめ買いしておくとお得ですね。

 

 

■ユークロマプラスクリームまとめ
ハイドロキノンとトレチノインが一本で賄えるユークロマプラスクリーム。
皮膚科のシミ治療と方法は同じなんですが、別々の処方になることがほとんどなので、ケアを短時間で終わらせたい人にもピッタリですよね。
私は初のシミ取りでしたが、成分が弱めだったので安心して使うことが出来ました。
効果も満足できるものでしたし、続けやすい値段も魅力です。
気を付けるべき点はいくつかありましたが、それほど難しいことじゃなかったので面倒くさがるほどでもないと思います。
シミや肝斑は消したいけど、肌の負担も心配だし、そんなに費用はかけられない。というならユークロマプラスクリームをおススメしますよ。

ページの先頭へ戻る